緑内障、白内障は放置すると危険?

放置する事で失明するリスキー性もあります。

ルテインとは天然色素であるカロテノイドの一種です。

その中でも特にほうれん草やケールはルテインの含有量が高いとされています。

摂取したルテインのうち、一通りが作用するわけではないのです。

目の疾病には緑内障など多彩な疾病が考慮しられますが、目の酸化によって起きる代表的な目の疾病として、真っ先に白内障があげられます。

ルテインを多く含む食品としては、緑黄色野菜やフルーツがあげられます。

白内障には、ルテインとアントシアニンが有効です。

腸で吸収された栄養が目に運ばれるまでに、何割かは失われてしまうのです。

それにより紫外線やPC、スマートフォンの青い光の刺激を直接受け、活性酸素が生じてしやすい状況となってしまいます。

ただしすでに目の疾病を患っていたり、老年期の人は一日に10ミリグラムから15ミリグラムは摂取しておきたいところです。

もしもサプリメントで摂取する時には、アントシアニンも配合されたサプリメントを選り抜くと、より大きな影響を獲得できるでしょう。

これは黄斑部が加齢により変性し、ゆがみが起こったり視野が狭くなる病です。

アントシアニンを豊富に含む食品がブルーベリーです。

それにより目は酸化による疾病が多々ある部位であるともいえます。

白内障は目の老化現象とも呼ばれる病で、加齢によりこの病に必要になる確率はあがり、80歳代ではほぼ100パーセントの人に症状があらわれると言われています。

近頃では緑内障や白内障の改善にルテインの影響を認める眼科医が増大してきました。

これらの疾病を阻止、改善するにも有効な成分がルテインです。

カロテノイドのひとつであるルテインは、だいたい目の水晶体のところに多く影響し、強い抗酸化作用を持っています。

しかも加齢黄斑変性症もあげられます。

緑内障や白内障の阻止のために、一日に摂取しておきたいルテインの量としては一日に6ミリグラムとされています。

水晶体に影響しているカロテノイドはルテインとゼアキサンチンのみで、この二つの成分が目の健康を維持しているという事です。

人間の体には肝臓や肺、大腸、皮膚など人体の随所に影響し、各細胞を維持する働きを担っています。

白内障は水晶体が活性酸素によって白く濁り、徐々に見えにくくなる病です。

ただしルテインを摂取したとしても、目にまで運ばれなければ影響はないのです。

ルテインをパフォーマンスよく摂取するメソッドを知っておくとよいでしょう。

目は外気にさらされているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です